Kalmia*歳時記

料理&お菓子レシピ、北海道の温泉情報、歯科医院の裏話etc.のBlog

§ 食 § 旭岳 温泉

【旭岳温泉】湯元 湧駒荘 2連泊 second!

2018/04/12

お気に入りの温泉&お宿 湧駒荘(ゆこまんそう)へ行ってきました。
今回のお部屋はジュニアスィート2連泊 どんなお部屋か楽しみです♪

もう北海道は紅葉も終わり冬への準備って感じです。
車はスタッドレスタイヤに履き替え、旭岳へ向かうのでした。
この日 天気は良かったんだけど、やはり山へ上がって行くにしたがって雪が現れ、
路面にも所々雪が残っていたりと…これは夜には凍るパターンかな。

スポンサーリンク

竹内智香選手の実家!

湧駒荘と言えばソチ五輪のスノボで銀メダル獲得した竹内智香選手の実家なのです!

初めて湧駒荘に泊まった時(2011.1月)にロビーに
‘スノボ選手 竹内智香は湧駒荘の娘’と書かれていたのは覚えていたんだけど
最初ピンと来なくて…(ごめんなさい)
何気にソチ五輪のスノボ競技を見ていた時、竹内智香選手が出ているではないか~!
TVを見ながらダンナさんと「あっ!湧駒荘の娘だ!」と声を揃えて言ってしまった(笑)

 

そして お部屋はジュニアスイートへ

リビング

落ち着く感じのリビングです。

マッサージチェア付き


そしてコーヒーミルで挽きたての湧水で淹れたコーヒーが飲めるなんて
なんという至福~♪

ベッドルーム


リビングとベッドルームが仕切られていて
ゆったりとくつろげるお部屋です。

バス&洗面所

温泉

そしてやっぱり湧駒荘に来たなら温泉!
硫酸塩泉、正苦味泉、石こう泉、炭酸水素塩泉、緑ばん泉の源泉かけ流し!
5種類の様々な温泉が楽しめます♪

年季の入った古さに味がある→本館【ユコマンの湯】
モダンな感じな→別館【神々の湯】

ぬるめのお湯ですが、体の芯からポカポカ温まります。

温泉のあとは喫茶【姿見】でコーヒーを♪
宿泊客は無料でいただけます!
挽きたて&湧水で淹れているコーヒーなので格別!(o^^o)

日帰り入浴

神々の湯(別館)

入浴時間 : 12:00~19:00
料金   : 大人800円、小学生350円、小学生未満 無料

ユコマンの湯(本館)

神々の湯とは別料金です。
冬期の露天風呂は湯温が低いので利用できません。

入浴時間 : 13:00~17:00
料金   : 大人1500円

13:00からですが、午前中に清掃する為、
お湯が溜まっていない場合があるようなので、フロントで確認を!

スポンサーリンク

1日目 遊食膳

料理長は竹内崇さん

智香選手のお兄さんです

トマトの白ワイン煮(上)
蒸し淡雪、海老真丈揚げ、柿釜白和え

茶碗蒸しの蓋を開けるとこんな感じ       お造りと自家製泡醤油
湧駒荘と言えばこの泡醤油
口の中でシュワ~って溶ける面白いお醤油です。

蝦夷アワビの塩釜焼き
塩釜を割ると中から昆布に巻かれたアワビが出てきました。

箸休めに湧水ゼリー(左)黒蜜をかけていただきます。
揚げ芋と野菜の炊き合わせ(右)

知床クリーンポークの出汁しゃぶしゃぶと稲庭うどん

そして食後のデザート白いコーヒープリン

2日目、湧駒荘の朝食

朝食もとても美味しい♪そしてヘルシー
湯豆腐が出てきました。

紅葉も終わってるので外出して見て回る所も特になく
他の温泉も巡れる湯けむり手形も今はやっていないそうなので、
館内のお風呂→姿見でコーヒー→部屋でマッタリ~→お風呂をループしていました

2日目遊食膳

蝦夷鮑の清汁仕立て(左)帆立と牡丹海老のカルパッチョ(右)
アスパラの一本揚げ(下)

十勝産彩美牛フィレステーキピーナッツソース(左)
レモンのソルベ(右)

ズワイ蟹

鱈とあん肝のみぞれ鍋(左)    鯛かぶと酒蒸し(右)

白い蕎麦ぷりん(左)じゃこご飯(右)

3日目、湧駒荘の朝食

朝食はちゃんちゃん焼きが付きました

普段、朝も夜もこんなに食べないので
お腹は限界~!な はずなんだけど
最終日ともなると何故か余裕で入ります

 

 

今回の湧駒荘も お部屋、温泉、食事と最高に楽しませてもらいました♪

帰りに綺麗な旭岳を撮って札幌へ帰宅~

湧駒荘への交通・アクセス

住所:〒071-1472 北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉
電話:0166-97-2101(代)/FAX:0166-97-2103
アクセス:JR旭川駅からバス→旭岳温泉行バス「いで湯号」

 

スポンサーリンク

-§ 食 §, 旭岳, 温泉
-, , , , , ,