Kalmia*歳時記

料理&お菓子作り、元職場 歯科医院の裏話etc.のBlog

色~んな話

伝染する恐怖心

2017/11/09

以前、体調不良から札幌の漢方の薬局で気功&Oリングテストで病気が判明し
その後、半年に1回 病院で検査(甲状腺ホルモン)を受けております。

検査

だいぶ前の話ですが、宮城の病院で検査を受けに行った時の出来事。

いつもどおり体重、身長を測り
その後、採血と検尿だったので
採血の後、トイレへと向かいました。

そこで事件(?)が起きたわけなのですが・・

スポンサーリンク

パニック

トイレに入ると、3つあるうちの真ん中は既に誰かが入っていました。
なので私はその右隣に入り、戸を閉めて少しすると隣から年配女性の声が聞こえてきました。

「何これ・・。ちょっと~、やだぁ、何か出て来たー!」

私は ん・・・?何だろう・・? もしかして虫でも出て来た・・(・_・;?

なんて最初は思っていたのですが、次第に その年配女性は

「何よこれ!いやぁ~!どうしよう!嫌だわぁ、気持ち悪い!
警報機は?どこかにないかしら!!」
直ぐ隣でおばちゃんは怯えた感じでパニック状態。

警報機って!Σ(・ω・ノ)ノえっ・・虫とかじゃないの?一体、何!?何が出たの!?生き物?
おばちゃんの中から何かが出てきた?それとも便器から?
どこから何が出て来たの~?(||゚Д゚)

隣でおばちゃんが、あまりにも騒ぐもんだから、
私の恐怖心も煽られて私も軽くパニック状態!
仕切りの下の隙間から何かこっちに入って来るのではないかと
狭い個室の中、私もビクビクしていました。

おばちゃんはナースコールを押したようで、看護師さんがトイレに すっ飛んで来ました。

思わぬ結末

看護師さん「どうかされましたか!?」
おばちゃん「ちょっと、これ見て!これ隠しカメラじゃない?盗撮されてるんじゃない?」

看護師さん「あぁ、これは点滴をしている患者さん用の点滴を掛けるフックですよ(^-^;)」

おばちゃん「( ̄◇ ̄;)エッ・・・だって、だってね、
ここの部分にカメラが付いているように見えるじゃない?」

看護師さん「うん。これは大丈夫ですから。てっきり具合が悪くなったと思いましたよ^^;」

そして看護師さんは出て行きました。

・・・それなら、私の方にも付いてるよ・・・( ̄ェ ̄;)

おばちゃんの個室と私の個室の間の仕切りの上から黒い細長いチューブがかけられ、
その先に金属のフックがついていました。

それにしても人の恐怖心って伝染するもんですね。
状況が分からなく、隣でパニックをおこされると
こっちまで恐怖のあまり固まってしまい声も出なかった・・
声をかける余裕なんてなかったわ^^;

その後おばちゃん、個室から出た様ですが まだ気配があり・・

スポンサーリンク

引っ込みつかず

そんなこんなで私もようやく個室から出て手洗い場へ向かうと
おばちゃんが仁王立ちして待ち構えていた。
すると私を見た瞬間に表情は和らぎ、そしていきなり寄って来て
「本当にびっくりしたわ~。ねえねえ、ちょっと」と私を再び個室まで連れていき

おばちゃん「ねぇ、これ見てよ盗撮のカメラに見えない?
この先にレンズが付いているように見えるわよね~?」

レンズって・・どう見ても金具を止めているプラスネジ。
盗撮カメラにしては堂々とぶら下がっているじゃないか~!
しかも隠されてないし!って思ったけど
おばちゃん、引っ込みがつかないんだろうな(^-^;)

私「そうですね、見えなくはないですね~」と言うと
おばちゃん「そうよね、やっぱり見えるわよね~」と納得してトイレから出て行った。

私が出て来るまで仁王立ちして待っていた おばちゃん・・・
絶対、隣に入っていた私を疑っていたな(-∀-`; )

スポンサーリンク

-色~んな話
-, ,