Kalmia*歳時記

料理&お菓子レシピ、北海道の温泉情報、歯科医院の裏話etc.のBlog

色~んな話

アレルギー性鼻炎物語

2018/02/22

私が北海道から宮城県へ嫁いだ頃の話。

スポンサーリンク

引っ越して直ぐに症状が

札幌から宮城へ引っ越し、そのアパートは新築で近くには杉の木が沢山ありました。
私は宮城へ引っ越して間もなく、クシャミ鼻水が止まらなくなり
次第に匂いも全くしなくなりました。

最初は風邪かと思って風邪薬を飲んでいましたが、症状はよくならず
なかなか風邪が治らないなぁ・・と、何度もぶり返しているのかと思っていたのでした。

内科へ

今までこんな事がなかったので、訳がわからず数日が経ち
あまりにも長く続いているので内科で血液検査をしてもらいました。
するとアレルギー反応が出ていると!
何に反応しているのかは ちゃんと調べないと分からないらしく
おそらく、新築アパートのシックハウスか、スギ花粉か・・
そのせいでのアレルギー性鼻炎ではないかと言われました。

あ・・そういや、以前 不思議な薬局でアレルギー体質ではないかと言われていたっけ。
どうりで北海道は殆どスギの木が無いからアレルギー反応が出ていないわけだ(-"-)

不思議な薬局の話↓

総合病院へ

そして人から聞き、次に総合病院の耳鼻咽喉科へ行ってみました。
先生は結構年配な男の先生と、凄く若い女の先生(新卒?)の2人が居て、
私は女の先生の診察でした。(新患は皆、女の先生の診察らしい)

診察では・・・鼻のずっと奥まで細い管を入れていかれ・・・
もぅ、痛さのあまり 泣いてしまった(。>_<。)

診察結果・・
女先生「アレルギー性鼻炎ですね。」と。
それは分かってますよ・・問診票にも書いたのに。

私「何のアレルギーか知りたいんですけど。」と言うと、
女先生「検査したらハッキリわかるけど、・・・検査費 高いですよ。」

私「( ̄ェ ̄;)え゛・・・?高いって・・おいくら?」

女先生「今現在薬を飲んでいたりすると
反応が表れない場合があるので2週間後位に改めてまた来て下さい」と。
ん・・もっと気軽に簡単に受けられると思っていたんだけど・・^^;

診察まで随分待たされて、会計でも待たされ、会計が終わり帰ろうとしたら、
処方箋が出ていて薬局でもまた待たされ、もぅ待ち疲れ。
やっと家に帰って来てから ハッ!と思った事が。あれ(・_・;?

女先生の「今現在薬を飲んでいると反応が表れない場合があるから、
2週間後位にまた来て下さい」って。
診察の時に薬出すなんて言ってなかったじゃないの~。

よく見てみると2週間分の飲み薬と点鼻薬を出されていた!
検査には支障のない薬なら診察の時に言ってよね。
肝心な検査費の事はスルーされたし(-"-)

検査費が高いと聞いたのと、またあの待ち時間にそしてあの対応・・再び行く気がしない。

それにしてもお高い!

そこの病院は初診時に紹介状が無いと
¥2625かかると言われ、それ+診察(初診料)と2週間分のお薬代で
合計¥8000近くもかかってしまった ( ̄□ ̄*)!

取り合えず、出された薬を飲み、点鼻薬をしても症状は変わらず。

無駄な診療でした。
・・あぁ・・¥8000がぁ~( ノД`)シクシク…

スポンサーリンク

 

点鼻薬

もぅ、この時は夜になると鼻詰まりもプラスされ
鼻呼吸が出来なく、 不眠の毎日が続いたので
市販の点鼻薬を使い始めました。

なんと!これを使うと素晴らしく鼻が通り、
今までの息苦しさ 不快感を全て解消してくれます♪
しかーし・・・点鼻薬の効果がきれると
その途端に鼻が詰まり 鼻呼吸が出来なくなります。

最初は夜1回使うだけで、日中使う事が無かったのですが、
そのうち12時間しか効かなくなり、
しだいに6時間、3時間、1時間・・・と 効いている時間が短くなっていきました。

薬の効果が無くなると たちまち鼻は詰まってしまい
少しも空気が鼻から入ってこなくなり  そこでまた点鼻薬を使うことの繰り返し。
本当は3時間以上空けて1日6回までなのですが、
もう、こうなると点鼻薬なしではいられなく、
まさに点鼻薬中毒状態!

そのうち鼻の粘膜もただれてきて、時に出血するし(。>_<。)

そんなある時、サイトで点鼻薬は危険!ってのを見かけました。
人によっては点鼻薬によるアレルギーでの厚肥性鼻炎ってのがあるそうです。
粘膜が肥厚して場合によっては手術しなければ治らないとか。
そんな話を知って点鼻薬を慌てて止めました!

点鼻薬を中止

やはり辛いのは夜寝る時。
鼻がつまると どうしても口呼吸になってしまい、よろしくない。
なので、マスクをして寝る事に。
これなら口呼吸をしてもダイレクトに空気が入って来ず、
乾燥を防ぎ喉を保湿する事ができます。

点鼻薬を止め、しばらくは辛い日が続きましたが
だんだん鼻炎の方は少しづつ落ち着いてきて、鼻もだいぶ通るようになりました。

やはり、私は点鼻薬でアレルギーをおこしていた様。
恐いな・・点鼻薬。

スポンサーリンク

 

別な内科へ

鼻炎は完全には治らなく、今度は咳が出てきたので別な内科で診てもらいました。
また血液検査をすると、やはりアレルギー反応をおこしていると言われ
時季的に この咳はおそらくブタクサが原因での「気管支喘息」と診断されました。

その日の夜から、内科でもらった薬(喘息の)を飲んだのですが
30分~1時間位経ってから動悸、そして指の震えが・・・!
そして夜中(朝方だったかな)に目が覚め、起き上がると目まいと吐き気がした。
で、すぐに凄い耳鳴りがし始めました。(最初キーーーーンって音が次第にミシミシって)
ヒャーー!何事?!(゚ロ゚ノ)ノ

さすがに怖くなったので内科の診療開始時間に即電話しました。
私「昨日、頂いた薬を飲んでから動悸がし、指が震えだして・・」

話している途中なのに先生は遮り「そうそう。あの薬は動悸がする薬だから。
小児用ドライシロップの方は
アレルギーが過敏な人だと指先が震えるんだよね。」とノン気に。

私「それに、夜中に目覚め、目まいと耳鳴りがしたんですけどーーー!(゚Д゚;)」

先生「目まいに耳鳴り?・・・それは気持ち悪いねー。じゃぁお薬替えましょう。
動悸はそういう薬だから~」

何だろう・・先生とのこの温度差は。

それにしても、そういうのは薬を出す時に前もって言ってよね・・ビックリするじゃない。
その後、別なお薬に替えてもらいに行きました。
先生「副作用を起こしたんだね~」と。(^-^;)

色々お試し

その後は あまり薬漬けになるのも嫌なので、強力な空気清浄機を購入。
それとよく効くと言われている甜茶とか
炎症を抑えるとされるペパーミントティーを飲んでみたり
ヨーグルトを食べたり、レンコンをすって
レンコン汁を鼻の粘膜に塗ってみたり色々試してみました。

そんなこんなで、引っ越して来た頃と比べると匂いも復活。
鼻詰まりからも解消され、症状はだいぶ良くなりました。

それから北海道へ引っ越し

宮城で4年 生活した後、再び北海道へ。
北海道で暮らし始めてから、ずっと続いていた鼻炎の症状が
嘘のようにピタッと治まりました!
本当に今までのは何だったんだろうってくらい。
やっぱりスギの木があると無いの差なのね・・と改めて実感。

現在も鼻の調子は頗る順調~♪
ただ、ブタクサ花粉の時期になると時々気管支喘息の症状が・・
宮城以来、気管支喘息の症状は完全には治らないのでした^^;

 

引越し業者の決め方

バスソルトで身体を温めリラックス♪
鼻づまり対策にもなります

 

スポンサーリンク

-色~んな話
-, , , , ,