Kalmia*歳時記

料理&お菓子作り、旅行、温泉、過去エピソードetc.のBlog

色~んな話

一年に起った災難&引っ越し後

2017/11/14

これはY歯科時代に一緒だった
先輩スタッフSさんから聞いた災難のお話。

スポンサーリンク

食中毒

Sさんの災難は食中毒から始まりました。
一人暮らしをしていたSさんは帰宅途中に近所のお店でカレーまんを買い、
部屋に帰ってから食べていると数時間後に急に嘔吐し、お腹を下したそうです。

それから、寒気がしてきたのでストーブを点けようとしましたが、
壊れていたようでストーブが点かない(-"-)
その日は仕方なく電気毛布をつけて包まり、うずくまっていたそうです。

後日、Sさんは病院へ行ったついでにカレーまんを買ったお店にクレームを入れに行くと
店主はお詫びとして、肉まんとアンまんを沢山Sさんに渡したそう。

Sさん「カレーまんで中ったのに、肉まん アンまんなんて しばらく見たくない!」と。

空き巣?

それから数ヵ月後のある日、Sさんは仕事から帰り、
住んでいるアパートに戻ると、部屋に入ってビックリ!

タンス、クローゼットに入っていた衣服は全て床に出され、
あっちこっちに散乱していたようです。

しかも、Sさんの冷蔵庫からジュース、ケチャップ、マヨネーズが取り出され
その衣類全てにかけられてたという。

そして気が動転しながらも警察に通報。
警察曰く、近所のアパート数軒 同じ手口での被害が続いていたらしいです。

 

幸い盗まれたものは何も無かったようですが
衣服等は全て捨てる事になってしまったようです。

翌日

Sさんは鍵が壊されたアパートには通帳、印鑑、現金を置いておけない!
と思ったらしく、翌朝 全てバッグに入れ出勤。

通勤中バスの中でも、前日の事でかなりヘコんでいたよう。(放心していたとか)
それからバスを下車、ふと気付くと全財産が入ったバッグをバスの中に置きっ放しに!

もう、バスは発車した後だったのでSさんは慌ててタクシーを捕まえ、バスを追いかけますが
結局途中でバスは止められず、終点まで行ってしまったんだとか。

ようやく乗っていたバスに乗り込み、運転手に事情を説明をして
バスの中を探すのですがバッグは出てきません。

運転手曰く、届け出てくる人もいなかったそうです。
il||li _| ̄|● il||li ・・・持ち去られた・・・。
その後、盗難届けを出しに警察へ行ったようです。

ガス臭い?

それからまた数ヶ月後、
Sさんはいつものように仕事が終りアパートへ帰りました。

なんだか自分の部屋の辺りの廊下がガス臭い。
自分の部屋に入ると・・ガスの臭いはしない。

あれ?なんだろう?
気になるので、管理人に何度か電話をしたらしいのですが、
なかなか出ない・・・

ガス臭いし嫌だなぁ・・・と思っていたやさきに
警察官がいきなりSさんの部屋に入って来て
ベランダへ向かい そこから隣の部屋のベランダへ行き
窓を破って入って行ったそうです。

どうやら隣の住人がガスで命を絶とうとしていたらしいのです!

もうこんな所に居られない! Sさんはアパートを引っ越すのでした。


悪い事が続く時ってこんなに続いちゃうもんなんですね。
これって1年間に起きた出来事らしいです。

その後、Y歯科スタッフは先生の身勝手さについて行けず全員退職するのですが→詳細

その後もSさんとは 何度か会う事があり、
Sさんが引っ越した後のアパートの住人の話をしました。

Sさん別なアパートへ引越す

二階建てアパートの2Fに部屋を借りたらしいのですが、
下に住んでいる住人(女性で1人暮らしのよう)
これがまたクセ者なんだとか。

神経質な住人

引っ越して間もなく「足音がウルサイ!」と苦情が入ったそうです。
Sさんは同じアパートの人だから、仲良くやって行きたいと思い
それからは なるべく音を立てない様に
何かと必要以上に気をつけていたそうです。

Sさんは気をつけているつもりでも、下の住人からの苦情は出るばかり。
何かと「掃除機の音がウルサイ!」「洗濯機の音がウルサイ」と
Sさんの休暇の日中にかけているのにもかかわらず、そう言って来るそうです。

Sさんはお風呂、シャワーの時も気を使い、早くすませようと
どんなに遅くても夜10時までには終らせているのに
「夜中に非常識だ」とか「7時、遅くても8時に終らせて」と言って来るそうです。
仕事をしているので、それはいくらなんでも無理だ、と言っても
聞き入れてはもらえないらしい。

もぅ、Sさんも精神的に限界がきていて
管理会社に下の住人の事で相談をしたらしいのですが、
既に下の住人からSさんの事で苦情が来ているらしく、
「Sさんに非があるようなので気をつけてもらわなければ困る」と言われ、
何を言ってもダメだとか。

ある日、下からだって音はするだろう・・・今度言って来たら
「あなただって音は出てるからお互い様ですよ」って言ってやりましょっ!と思い、
耳をすましてみますが、下の住人は物音1つ出さないそうです。

赤文字のメッセージ

そんなある時、Sさんはお腹の調子が悪く
夜中に我慢が出来なくてトイレに入ったそうです。

すると次の朝、下の住人からメッセージが!
「夜中に水を流すなんて非常識すぎる!!何を考えているんですか!」と、
スーパーの広告の裏面(白い部分)に
赤い文字で書かれたメッセージが郵便受けに入っていたそう。

彼氏が遊びに来た時も下の住人に気を使い
足音とか戸の開け閉めを十分気を使ってもらったのですが
彼氏との会話中に笑ったその直ぐ後、
また郵便受けに下の住人から赤い文字で書かれた苦情メッセージ が!
その後 毎日、赤文字苦情メッセージ攻撃が始まったそうです。

彼氏が反撃

またある日は忘年会の後 Sさんと彼氏はSさんのアパートへ一緒に向かい
アパートの階段を静に上がっていた途中、
何気なく ふと下の住人の部屋の窓が目に入ると
電気を消し真っ暗な中、カーテンの隙間から Sさんと彼氏の様子を
うかがっている姿が見えたんだとか! Σ(゚д゚lll)

それから、Sさん達は部屋に入り彼氏に
「ホントに音には充分気をつけてね」と言って上着を掛ける為、ハンガーを手渡すと、
彼氏は受けそこねて床に落としてしまったそうです。

あっ、しまった!・・Sさんが慌ててハンガーを拾った直後
下から凄い勢いで階段を上る音が「ダンダンダンダン!」

そして、Sさんの部屋のドアを
「ドンドンドンドン!一体何時だと思っているんですか!!」と下の住人。

が、しかしドアを開けて出たのは彼氏。
下の住人はパジャマ姿に赤いカーディガンを羽織って
髪も乱れたまま(寝癖?)凄い顔して立っていたという。

彼氏「ただ、ハンガーを落としただけですよ。あなたの方が非常識でしょう。
こんな夜中にそんな格好でわめき散らして ご近所に迷惑ですよ。
それに こんなメッセージを毎日送って・・・あなた、やってる事が異常だよ!」と。

その後、下の住人からは一切何も言って来なくなったそうです。

 

それから、数年後・・・
Sさん達の「結婚しました」ハガキが届いたのでした♪



スポンサーリンク

-色~んな話
-, , , , , ,